学び

子どもは成長し学校に通うようになり、自然と学ぶ楽しさを覚えていきます。そんな子どもの学ぶことへの意識をすこしでもママやパパがアシストできるポイントなどをお伝えします。

幼少期から英語に触れさせたい!と願うパパやママの声を耳にすることがあります。幼児向け英語教材を準備してみようかな?オンラインで英会話レッスンを受けさせたらどうなのかな?と思っても、お金はいくらぐらい必要なのか、続けられるか、などいろいろな理由で迷っているパパやママもいるのではないでしょうか?でも、お金をかけずに楽に英語に触れさせることが「おうち英語」ならできるかもしれません。
子どもにえんぴつを持たせるタイミングはいつ頃が良いのでしょうか?悩みますよね。えんぴつは適切な持ち方ができないと、文字を書いていて疲れてしまうもの。えんぴつを持たせる時期の目安をお知らせします。
子どもの想像力や知的好奇心、共感力などを育むとして、絵本の読み聞かせを日常生活に取り入れているママやパパも多いことでしょう。しかし今、「紙芝居」に大きな注目が集まっているのを知っていますか?紙芝居が子どもの成長に与える影響や絵本との違いについて紹介します。
英語は早い時期から習わせれば苦労せずに身に付くからと、幼少期から英語を習っている子も増えてきました。確かに早くに始めた方が苦もなく身に付きやすいです。しかし嫌がる子を「早い方がいいから」という理由だけで強制的に通わせては身に付くものもつかなくなってしまいます。そこで自宅でも簡単に楽しみながら、英語と触れられる方法をお知らせします。
子どもの健やかな成長の為に不可欠な食育。食べ物に関する知識を学び、食への関心を持つことは、生涯にわたり豊かな人間性を育んでいくための基礎となるため、大切にしたい教育のひとつです。そこで、食育にもつながる家庭菜園についてご紹介します。
[タグ] 手づくり/ 迷路/ 学習/
「紙の迷路」とは、文字通り紙に描かれた迷路のこと。難易度はさまざまあり、つい夢中になってしまいますよね。そしてこの紙に描かれた迷路を解くことが、子どもの心身の発達にとてもいい影響があるのをご存じでしょうか?そこで、「紙の迷路」遊びのメリットを遊び方と合わせご紹介します。
知育玩具の代表ともいえる積み木。積み木遊びは、子どものさまざまな「ちから」の形成に有効なのを知っていますか?そこで、積み木遊びのメリットや年齢別の選び方を紹介します。
子どもに絵本の読み聞かせをしていますか?絵本の読み聞かせは子どもが産まれてすぐにはじめられる、親子のふれあいの時間です。子どもと家で過ごしていて何をしようかな、と思ったときにはぜひ絵本の読み聞かせを試してください。
子どもが成長してくるとお手伝いをさせたほうがいいのかな、と考えはじめるパパやママが多いのではないでしょうか。幼稚園や保育園の先生にも「お手伝いやらせてあげてくださいね」と声をかけられた、というのを耳にします。子どもにできるはじめてのお手伝いについて、何ができるのかを一緒に考えてみましょう。
[タグ] 手作り/ 制作物/ 保存/
子どもが描いてくれた似顔絵や工作物はどれも成長のあかし。全て保管したいけれど量が多いと悩まれるパパママもいるかと思います。そこで制作物の保管方法についてご紹介します。
絵本が好きな子どもはおとなしく楽しんでくれるが、中には読んでいる途中に遊び始める子も。今回は絵本の読み聞かせの効果と、読むときのポイントを学びます。
子どもが喋るようになると次は読み書きを教えようと考えるご両親もいらっしゃるかと思います。今回はひらがなの読み書きの教え方等について知っておきましょう。
[タグ] いつから/ 折り紙/
指先の訓練にもなる折り紙。指先が器用にもなるため、折り紙遊びは幼児期にピッタリ!始める時期と作り方例についてご紹介します。
喋られるようになってきた子どもに読み書きを教える際、数字についてどのように教えようか悩むご両親もいらっしゃるのではないでしょうか。数遊びとして数字を教えるコツを参考にしてみてください。
赤ちゃんは生まれてからしばらくすると、まだ意味をもたない「喃語(なんご)」をしゃべり出します。その時期にコミュニケーションをとるコツについてご紹介します。
ベビーヨガって何をするの?どんな効果があるの?2人の子どもを持つママが実際に通い、リフレッシュしたという体験談も合わせてご紹介します。
英語を学習するのに大切なことは英語を聞き取れる耳を育てることです。ご家庭で毎日手軽にできる英語の教育方法を取り入れてみませんか?
子どもは日常の中でふれあう大人たちから多くの言葉を学んでいきます。より健やかに子どもが成長するための言葉かけについて考えてみます。
子どもはまずは自分の年齢を表現するときに数字とふれあい、そして、大人といっしょに会話や遊びの中から数字を覚えていきます。子どもがいつからどのように数字を理解するのか考えてみます。